All posts by tom

オリーブの盆栽・マンザニロ

【仕立中】オリーブの盆栽、品種はマンザニロ。今年の1月末に枝を切り詰めてから約2ヶ月。新芽が次々と出てきました。でも、どうもこのマンザニロは、土の栄養が良いのか?葉と葉の間隔が長く、さらには葉が大きく育つこと・・・。小さくまとめるには、この先のつくり方を考えなくてはいけないかも知れません。ちょっと気になる芽もあるので5月くらいまで、しばらく様子を見て次の策を考えることにします!

このオリーブの盆栽の育成記を見る

オリーブの盆栽・シプレッシーノ

今年(2013年)、初の新作です!と、いっても、まだ素材ですけどね・・・。この苗を見たとき、まっすぐに伸びた、その姿に一目ぼれ。他のオリーブの盆栽は、今は背を低く枝を多くすることを最優先に作り込んでいますけど、このシプレッシーノは、そのまっすぐに伸びる姿を生かした違ったつくりをしたいなーと考えています。当面はこのまま剪定せずに成長を見守っていこうと思います。その後、どのような樹形に作り込むか?楽しみ楽しみ!

TIPS

  • オリーブの盆栽の土・・・
  • いろいろな土を混ぜ合わせてオリーブの盆栽に最適な土を作る!そんな難しく考えることはありません。赤玉土(硬質小粒)3に対して、軽石(小粒)1の割合で、とにかく水はけ、水はけのよい土を作ること。栄養は肥料で調整すれば十分。シンプル・イズ・ベスト。もちろんこのサイトでご紹介しているオリーブの盆栽達もこの土で育てています。ぜひ、お試しあれ!ちなみに水はけがよい=乾燥が好きということではないです。乾燥に強いけれど、オリーブも他の木と同じく水は好き!間違えないで・・・

オリーブの盆栽・モライオロ

モライオロ。この苗が我が家にやってきたのは2011年の7月頃だったかな?当初は、この苗も普通に鉢植えにしてました。でもなぜか元気がなかった・・・。中途半端に細い枝が上に伸びるだけで、いまひとつの樹形だったので、ばっさりと上に伸びた枝を落とし針金をかけてみました。すでに芯となる幹は、ある程度の太さのため特に矯正することなく、左側の枝を外側に少し開いて全体のバランスをとっています。後は、ハサミだけである程度の樹形まで持っていけそうな予感。これから新芽がどんどん出てくるはずなので、まずは枝作りに専念します。

オリーブの盆栽・ネバディロブランコ

寒さ対策のため、1月の上旬より室内の日当たりの良い窓辺で管理中のオリーブの盆栽・ネバディロブランコ。一気に新芽が伸び始めました。写真は、新芽が伸びてる剪定前の姿です。これから枝作りのために剪定します。

このオリーブの盆栽の育成記を見る

オリーブの盆栽・仕立て中!

このオリーブですが品種がわからない・・・。昨年の秋の段階で盆栽用に育てようと仮の剪定をして、このプラスティックの鉢にポットから植え替えました。そして今日、春が来る前に新しい枝を作りたいところで剪定しました。樹形がもう少し整い、お気に入りの鉢が見つかるまで、写真のようなプラスティックの鉢や陶器の仕立て鉢で管理しています。

このオリーブの盆栽の育成記を見る

TIPS

  • なかなか幹が太くならない、幹を太くしたいけど・・・
  • 幹の大切な役目の一つが枝葉に水を送ること!枝葉に水を送るための通り道、水道管のようなもの。高い位置の葉に一気に水を吸い上げる、多くの枝葉に水を送るなど、今、その木のどこにどのくらい水が必要かによって太さが決まってきます。水を届ける力が足りなくなった時点で幹が太くなり始めます。結論としては、水を吸い上げる力を強くするために樹高を高くするか?多くの枝葉を作るか?ちょっと怖いけど、一気に枝葉に水を吸い上げるタイミング、水枯れぎりぎり位で水をたっぷりあげる?など、幹が太り始めるきっかけを意識して手入れをするか、幹が太くなるタイミングになるまで気長に待つかです。

オリーブの盆栽・姫オリーブ

あえてこの時期に、やることもなかったのだけれど・・・。寒さ対策のために室内で管理することにしたので、暖かさのあまりオリーブが目覚て枝先が成長し始める前に、新たな枝を作るための剪定をしました。右下が剪定した枝。見た目は、あまり代わり映えはしないけれど、これでいつ成長が始まってもOKです。

オリーブの盆栽・マンザニロ

オリーブの盆栽、品種はマンザニロ。まだまだ盆栽とはいえませんね、、、でも、ちょうど成長過程をしっかりとお見せできるかと思いこの鉢もご紹介することにしました。この鉢は、2012年の春先から(だったかな・・・)育てていたのですが、あまり樹形が良くなかったので、このサイトで紹介するのをきっかけに本日、枝を短く剪定しました。これから、よい枝がでますように!

このオリーブの盆栽の育成記を見る

オリーブの盆栽のお手入れ・冬場の管理

冬場の管理

オリーブの盆栽たち、基本的に屋外で管理していますが1月上旬頃から3月上旬頃まで、お気に入りの鉢たちは、室内の日当たりの良い窓辺に移して管理しています。暖かい午前中の時間帯に水遣りできればよいのですが、早朝の水遣りでは水がすぐに凍ってしまった場合、根にダメージを与える可能性があるので、どちらかというと仕方なくってとこでしょうか・・・。でも、秋頃から成長が鈍くなり新芽がなかなかでなくなりますが、室内に移してしばらくすると目を覚ましたかのように新芽が次々に出始めます。まずは実がなることよりも早く枝葉を増やして樹形を整えたいので、今のところ、この方法がベストかと考えています。

オリーブの盆栽・コレッジョラ

オリーブの盆栽、品種はコレッジョラです。2011年の秋に初めて盆栽にしてみようと思ったオリーブの木の中の一本です。当初は、洋風の白い角鉢で育てていましたが、樹形が落ち着いたところで、素敵な常滑の作家さんブランドの鉢が手に入ったので、植え替えをし、現在に至ってます。実は、このオリーブの盆栽は、枝に針金が食い込んだ痕がついてしまい、ちょっと後悔・・・。でも、どうしようもないので、当面このまま手入れして行こうと思います。

オリーブの盆栽のお手入れ・剪定

剪定

ここでは、盆栽としてオリーブを育てるための剪定方法についてご紹介いたします。私も普通のオリーブの鉢植えも育てていますが、それらの鉢植えの剪定とはまったく意味・剪定のタイミングなどが違います。

詳しくはこちら

オリーブの盆栽・エルグレコ

オリーブの盆栽、品種は「エルグレコ」です。鉢を含めて、高さ23cmくらい。この鉢も常滑の作家さんブランド鉢です。こまめに剪定を続けたことで枝葉が綺麗に出てくれて、やっと人前に出せる樹形に育ちました。このエルグレコの盆栽は、針金かけなどはせず、ハサミだけで樹形を整えています。普通のオリーブの木をひとつの作品として仕上げていく楽しみを教えてくれた一鉢です。

このオリーブの盆栽の育成記を見る

オリーブの盆栽・姫オリーブ

この盆栽は、新宿のフラワーショップで購入した「姫オリーブ」の盆栽です。我が家に来て半年くらい。鉢を含めた高さ17cm位、本当に小さな葉がかわいい一鉢です。

この鉢植え、購入したあとすぐに、根っこの確認のため鉢から出してみました。小さな鉢の中にぎゅうぎゅうに根がつまっていて、さらに一本の「ながーい根っこ」がぐるぐる巻きの状態。あまり良い状態とは思えなかったので、根を約半分くらい切り詰め赤玉土(微粒)と軽石で植え替えをしました。土が流れ出ないようにコケでお化粧!水はけも良くなり元気に育っています。

ちなみに「姫オリーブ」って品種名ではないですよね・・・。

オリーブの盆栽・マンザニロ

ちょっと盆栽と名乗るにはまだ早いかな?品種は「マンザニロ」です。お試しで作ってみた一鉢。この小さな鉢でどのように成長していくのか?試してみたくて・・・。背丈を低くし、横に広い樹形にしようと思っているので針金を巻いて枝を広げています。鉢が小さく高さも押さえているので、なかなか幹は太くはならないかと思いますが、時間をかけて育てていこうと思います。植え付けしたのは、2012年の6月頃だったかな?

オリーブの盆栽を楽しんでいます!

オリーブが大好きで・・・オリーブの盆栽を楽しんでいます!写真は、常滑作家さんの鉢に植えたネバディロブランコです。写真撮るのが下手なので立体感が出てないですね・・・針金を巻いて形を作っています。針金をかけていると盆栽だな~って感じがします!まだまだ若い木ですが、これから小さな鉢の中で、どのように成長していくのか?楽しみです!

このオリーブの盆栽の育成記を見る

2013年1月・サイトリニューアル!

2013年1月、サイトをリニューアルしました。

PCでもスマホでも綺麗に見られるようにフルリニューアルしたので、いままでのコンテンツは削除してしまいました。検索などで訪問してくれた方、ゴメンナサイ、、、

リニューアルをきっかけにオリーブの盆栽ネタを中心に書き綴っていきたいと思ってます。では、今後ともよろしくお願いします!